新築マンションの長所と短所について

入居時から日常生活に便利な最新の設備を利用できる

新築マンションは、システムキッチンやバスルーム、トレイなど様々な箇所に最新設備が導入されており、日常生活を快適に過ごしたい人にうってつけです。特に、有名な管理会社が扱っている新築マンションの中には、入居の前にオール電化やバリアフリーなどの希望に対応してくれるところもあり、経済的に余裕がある人の間で高く評価されています。最近では、新築マンションを中心に、暗号式のオートロックシステムや施設内の監視カメラの設置を進めている管理会社の数も増えており、一人暮らしの人やお年寄りも安心して生活することが可能です。なお、築年数が一年未満のマンションについては、週末に見学会が開催されることもあり、担当者に室内の魅力的なポイントを教えてもらうことができます。

家賃だけでなく管理費が高めの物件が多い

新築マンションは、設備にこだわりが見られるものが多く、定期的に点検や修理などを行うために、入居後に家賃だけでなく高額な管理費の負担が必要となることがあります。たとえば、タワーマンションなど駅前の周辺に位置する高層階の新築物件は、管理費の負担が重くなりやすいことから、入居先を決めるうえで早いうちから複数の管理会社や不動産会社に相談をすることがおすすめです。その他、入居者の募集が始まったばかりの新築マンションを選ぶ場合は、仲介手数料の金額についてもきちんと把握しておくことが肝心です。一般的に、オフィス街や学生街など好立地にある新築マンションは仲介手数料も家賃や管理費に比例して高くなっていることがあるため注意しましょう。

分譲住宅の利点はすでに出来上がった実物を見られることです。別途土地を探す必要もなく、資金計画も立てやすいです。